みなば歯科クリニック|茨城県下妻市|一般・小児・矯正・審美歯科・プレスケア外来など

みなば歯科クリニック

tel:0296-30-4618

診療科目

メイン画像

矯正歯科

歯並びの問題は虫歯や歯周病の原因となるだけではなく、心や体の健康にまで影響を与えます。矯正治療は見た目の改善だけではなく、虫歯や歯周病のリスクを減らし、健全なお口の状態にする機能的な面も改善する治療です。咬み合わせが改善されれば、口臭や胃腸病の原因予防にもなります。
また、「矯正は子供がするもの」というイメージも強いかも知れませんが、近年では目立たない矯正装置が増えたこともあり、大人になってから治療を始める方も増えています。矯正は長期にわたる治療であるため、信頼できる医院でコミュニケーションを丁寧にとりながら進めていくことが重要です。まずはお気軽にご相談ください。

歯並びや噛み合わせの問題を放置していると…

歯並びや咬み合わせは、全身の健康状態にも影響をもたらすとても重要な機能です。歯並びや咬み合わせの問題を放置していると以下のようなトラブルにもつながります。

歯並びが悪いと、どうしても磨き残しや食べカスが詰まりやすい場所が生まれやすくなります。そのために口内環境を清潔に保つことが難しくなり、虫歯や歯周病を引き起こす原因になりやすいのです。

歯並びや咬み合わせに問題があると、食事の際に食べ物をしっかり歯で噛み砕くことが難しくなります。その分、食べ物の消化を胃や腸でカバーしなくてはならず、大きな負担をかけてしまいます。

咬み合わせがずれることで、顎関節に負担がかかり歪みが生まれ、それが結果的に体全体の歪みをもたらしバランスを崩すことにもつながります。肩こりや腰痛などを誘発することもあります。

咬み合わせのズレにより特定の部分に大きな力がかかり、下顎の位置のズレを引き起こします。また、外見のコンプレックスが表情筋の過度の緊張や弛緩をもたらし、顔立ちにも影響を及ぼします。

小児矯正について

成長過程のお子様にとって、歯列矯正治療を行うことはとても大きな意味を持ちます。あごの成長過程で正しい噛み合せに矯正することで、あごの成長を促し全身の骨格がバランスよく成長できるほか、あごの骨が柔軟なため成人矯正に比べ治療期間が短いというメリットもあります。矯正治療は単に歯を整列させるのではなく、土台であるあごをしっかりとつくることでもあります。あごのバランスを整えることで理想的な永久歯の歯列を目指します。

床矯正治療は基本的に永久歯は抜かずに、顎を広げて歯を並べます。従来の矯正治療では、歯を抜くことで歯が並ぶスペースを確保して矯正をしていましたが、床矯正では主に小学生くらいの時期(特に低学年が有効)にプレートを装着し、顎を拡げて歯が並ぶための充分なスペースを作ります。これにより健康な歯を抜かずに矯正がしやすくなるのです。
また、使用する装置は簡単に取り外すことができます。もちろん装着時間が長いほど治療は早く終了しますが、食事や発音障害を生じる場合(国語や英語の授業など)は取り外します。1日に12時間以上、装着していれば治療可能です。

矯正治療の流れ

矯正治療は患者様によって、その治療法もかわります。1年くらいで終了できる場合もあれば2年程度かかる場合もあります。じっくりと治療し、理想の歯並びを手に入れましょう。
STEP 1

まずはカウンセリングを行います。患者様のご希望を伺い、治療の必要性や適切な開始時期、予測される装置、治療期間および費用の概略等についてお話いたします。

STEP 2

レントゲン検査や歯形の採得などを行い、口腔内を丁寧に細部まで検査します。口腔内の状態を正確に確認することはその後の治療にとって大変重要です。

3

精密検査の結果をご説明した上で、「矯正治療が必要かどうか」「具体的な治療内容」「治療に要する期間・費用」などについてご相談いたします。

STEP 4

目的に合わせた矯正装置を歯に装着します。装着後は歯磨きがしづらくなることもあるので、正しいブラッシングの指導も行います。その後は月に一度ほど来院していただき、状況をチェックしながら必要に応じて装置の調整を行います。

STEP 5


歯並びが揃い咬み合わせが良くなったら矯正装置を除去します。治療終了直後の歯は安定しておらず元の状態に戻ろうとしてしまうため、リテーナーという保定装置を一定期間付けて経過を観察します。


STEP 4

必要な保定期間が終われば矯正治療は終了です。その後は、治療した歯並び・噛み合わせを維持するためにも定期健診を受けることが大切です。
page_top

| プライバシーポリシー |

みなば歯科クリニック

COPYRIGHT (C) MINABA DENTAL CLINIC,ALL RIGHTS RESERVED.