みなば歯科クリニック|茨城県下妻市|一般・小児・矯正・審美歯科・プレスケア外来など

みなば歯科クリニック

tel:0296-30-4618

診療科目

メイン画像

小児歯科

子供の虫歯は進行が早いだけでなく再発のリスクが高いため、予防に力を入れることがとても重要です。永久歯がきれいに生えそろいずっと健康な歯を維持できるように、小さなころから丁寧にメンテナンスを行う必要があります。また、乳歯の状態によって、将来の永久歯の歯並びや健康も大きく影響を受けます。お子様の歯の健康を守ることは、成人期の健康を守ることにもつながります。

乳歯の大切な役割

「乳歯はいずれ永久歯に生え変わるのだから、虫歯になっても大丈夫」と誤解されていることもありますが、乳歯が健全であるかどうかはお子様にとって非常に重要なことです。乳歯の状態は、大切な成長期の身体の発育や成人してからの歯並びにまで影響をもたらします。正しい歯磨きや定期的な検診でお子様の歯の健康を守りましょう。
 

よく噛むことで、子供の成長・発達に必要な栄養が効率よく吸収され、脳の発達にも役立つといわれています。

多くの言葉を学習する幼児期は、歯が健康であることで正しくはっきりとした発音を覚えていくことができます。

永久歯に正しく生え変わるための場所の目印となります。虫歯の乳歯を放置していると、不正咬合の原因にもなります。

子供の虫歯予防

早期発見・早期治療はとても重要なことですが、何より大切なのは事前に虫歯を予防することです。毎日の歯磨きにプラスして、当院では2つの予防法を受けていただくことが可能です。

フッ素の塗布による虫歯予防は、子供の虫歯予防の最も代表的な方法の1つです。乳歯・永久歯に関わらず、生えたての歯は柔らかく磨きにくいので虫歯になりやすい状態で、完全に硬くなるには2~3年かかると言われています。

そこで、歯の石灰化をうながし歯質を強くするフッ素を塗布することで強い歯をつくります。フッ素の塗付を継続することで徐々に酸に強い歯となり、また、初期虫歯ができた部分にもフッ素が取り込まれ再び硬くなることで虫歯の進行を阻止します。歯の表面自体を強化するフッ素の塗付は、乳歯や生えたばかりの永久歯に非常に効果的です。
奥歯の部分にはシーラントによる虫歯予防も効果的です。自分では丁寧に磨いているつもりでも、歯の形は複雑なのでどうしても汚れが残りやすい場所が出てきます。中でも特に食べ物のカスが詰まりやすい奥歯のミゾを、あらかじめ歯科用の薄いプラスチックの膜で覆うことで、虫歯を予防することができます。特に虫歯になりやすい、生えて間もない奥歯の永久歯(六歳臼歯)などに有効です。
page_top

| プライバシーポリシー |

みなば歯科クリニック

COPYRIGHT (C) MINABA DENTAL CLINIC,ALL RIGHTS RESERVED.