みなば歯科クリニック|茨城県下妻市|一般・小児・矯正・審美歯科・プレスケア外来など

みなば歯科クリニック

tel:0296-30-4618

診療科目

メイン画像

一般歯科

写真1 一般歯科は、虫歯や歯周病の治療など通常歯科医院で受ける治療の大半を指すものです。歯に関するお悩みは、まずは一般歯科にてご相談ください。当院では、患者様にリラックスして安全安心な治療を受けて頂けるよう、様々な技術を導入し、なるべく痛みの少ない治療を行っています。

はじめに丁寧に現状を診断し、患者様のご要望を伺い適切な処理を行った後、必要に応じて専門治療やその後の予防方法などをご提案します。

 

虫歯について

虫歯とは、歯が虫歯の原因であるミュータンス菌が作り出す酸によって歯が溶けてしまう事です。 これを脱灰といいます。しかし健康な歯は、ただ溶け続けるだけでなく、自然に元に戻ろうとする力があります。これを再石灰化といいます。 普段は脱灰、再石灰化をくりかえしているので、このバランスがしっかり取れていれば、虫歯は進行しません。しかし、お口の中に食べカス等が残って歯の表面が「べとついた状態」が続くと、それをエサとして虫歯菌(ミュータンス菌)の活動が活発になります。そうすると歯が溶けるスピードが早くなり、歯が持つ元に戻ろうとする力(再石灰化)が追いつかず虫歯になってしまいます。そしてこれを放っておくとさらに内部へ広がっていき、どんどん虫歯が進行していきます。


虫歯の進行段階は「C1」~「C4」までの4段階に大きく分けられます。番号が大きくなるほど虫歯が大きく治療も困難になり、場合によっては抜歯しなくてはならなくなります。日頃の予防と早期発見・早期治療で大切な歯を守りましょう。

歯に小さいくぼみが出来ていますが、歯の象牙質や神経までは進行していませんので痛みは特に無い状態です。 虫歯に犯された部分を削り取り、その部分を金属や樹脂で塞ぎます。この時点で虫歯を発見できれば、治療も簡単に済む可能性が高くなります。

虫歯が象牙質の大部分まで進行しています。歯の痛みや冷たい物が歯にしみるなどの自覚症状も出てきます。虫歯に犯された部分を削り取り、削った部分を詰め物がしやすいように形を整えます。この時点で治療すれば神経をとらずに済みます。

虫歯が歯の神経(歯髄)まで進行しています。歯の痛みをかなり感じる状態です。ここまで進行してしまうと神経を取らなければいけないでしょう。歯に栄養を与える神経が無くなると歯はもろくなり、欠けやすくなります。ここまで進行してしまうと、治療にはある程度の期間が必要になります。

虫歯が完全に進行してしまい歯の根しか残っていません。顎の骨まで虫歯が進行しているとひどく痛んだり腫れたりします。抜歯をするか、症状によっては根管の治療を行います。こうなってしまう前に早期に治療しましょう。

治療の流れ

患者様とのコミュニケーションを大切に、事前の検査や説明に十分な時間をかけて、患者様とともに治療方法を決定していきます。ご不安な点や処置内容についての疑問などございましたら、どのようなことでも遠慮なくご相談ください。

STEP 1

まずはカウンセリングを行います。症状や経過だけでなく、治療に関する心配な点や疑問点などについてもお気軽にご相談ください。

STEP 2

口腔内の状態を確認します。必要に応じて口腔内写真やレントゲン写真の撮影、歯の模型を作るための型取りなども行い、お口の中の状態を正確に把握します。

3

診査・診断の結果を丁寧に説明し、その結果を基に治療方針等をご提案します。患者様とよく話し合い、納得していただいたうえで治療を開始します。

STEP 4

十分な説明とコミュニケーションを重視し、安全第一で治療を進めます。
治療の方針によっては数回の通院が必要になる場合もあります。

STEP 5


治療終了後は予防のために3ヶ月に一度の定期検診をお勧めしています。

ご来院していただき、歯周組織・歯・修復物のチェックやクリーニングを行います。

page_top

| プライバシーポリシー |

みなば歯科クリニック

COPYRIGHT (C) MINABA DENTAL CLINIC,ALL RIGHTS RESERVED.